FC2ブログ
FXや副業で稼ぐ!目標は一日2万円!
不況の煽りとローンの返済の為、月のお小遣い0円!こんな方多いと思います。私と一緒に副業について勉強しませんか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
基本中の基本、ダウ理論
今日は、投資をする上で知っておかなければならない

基本中の基本とされている

「ダウ理論」について

復習をかねてまとめてみたいとおもいます

つまり私のお勉強タイムですね本





ダウ理論とは、

チャールズ・ダウと言う方が提唱した理論で

市場での値動きはこの理論によって説明できるとしています


要は、この理論を知っておく事で現在の状態を分析し

未来の予測(計画)を立てやすくすることがしやすくなります

つまり、勝負時かどうかを判別しやすくなります


「ダウ理論」では、

6種類の理論で説明されていますが、

ここで紹介するのは、

「主要トレンドは3段階からなる」の部分です

基本的に主要トレンドは買い手の動向によって

3つの段階からなるとされており

ダウ理論


1、先行期 
      市場価格が下落し全ての悪材料は織り込み済みと
      判断した少数の投資家が、いわゆる"底値買い"を
      する時期。価格は、下落しているか底値圏で
      上下している

2、追随期 
      市場価格の上昇を見て追随者が買いを入れる時期。
      価格は、上昇局面にある。

3、 利食い期
      価格が充分に上昇したところを見て、先行期に買いを
      入れた投資家が売りに出て利益を確定する時期。
      価格は既にその前から上昇局面にあるものの、
      その上昇する値幅は小さくなっている。
      その後、停滞したり下落を始める事も…
      つまりバブル崩壊ですね




利益を追求するのであれば市場が動き始める

「先行期」にポジションを持つ事が理想ですが、

これはプロでも難しいとされています


素人が狙っていくとすれば、「追随期」を見極めて行くとこが

一番リスクが少ないです


私もまだまだ精進が必要な身分ですが、

エントリ-しない日でも毎回チャートをみて、

今がどの状態であるかを予測するようにしています

間違える事も当然ありますが、

継続して行く事が自分の力になると信じています






ランキングに参加してみました
これから応援してくれる方
ポチっとお願い致します


スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

ロジカルシンキングってFXに役に立ちそう(^^)
先日、某テレビ番組で面白いテーマを取り上げて放送していました

ロジカルシンキングって聞いた事あります?

日本語に訳すと「論理的思考」と言います

何のこっちゃと思われるかもしれませんが、

見ていて何となくトレードを鍛えるのに使えるかなと感じました


突然ですが、ここで問題!

  ここに一円玉が8枚あります
  そのうち一枚だけ軽い一円玉が混ざっています
  見た目では全く判別できません
  これを一台の天秤を使って軽くなっている一円玉を
  もっとも少ない回数で特定して下さい



ヒント:
 4枚づつに分けて軽い方を選び、次に2枚づつに分けて又軽い方を選んでの方法では3回で
 軽い一円玉を特定出来ますが、これは不正解

私は少し時間が掛かりましたが何とか解けました




人は問題に直面した時に、それを解決しようと考えます

が、導き出された回答は必ずしも最善であるとは限りません

むしろ失敗してしまう事さえあります

ここで「論理的思考」が出来る人と出来ない人で大きな差が生まれてしまうそうです

簡単に説明すると、「論理的思考」で物事を考えれる人は、

「物事の全体をズームアウトで見てから、問題提起にズームインしてみる」

と言う事らしいです

要は問題解決の為に色んな角度から分析し最良の答えを導き出すと言うことです

これって投資の世界でも当てはまりません?

私が今までに失敗したトレードの中には、明らかに後で見ると下降トレンドの最中であったのに

ロングでエントリーしてしまっていたと言う事が結構ありました

一度、落ち着いて確認し直せれば回避できた失敗もあったと思います

普段から自分自身を納得させれる様な論理的思考でトレードする事が出来れば

必然と感情に流されにくいトレードが出来ると思います

本来の意味でのロジカルシンキングの考え方は、トレードとは少し離れている

かも知れませんが、物事を別の視点から見直す事が出来る脳に訓練すると

言う意味では、重要だと思います

ロジカルシンキングについてまだ勉強中なので

実際に投資に役に立つ考え方の具体例が見つかりましたらご紹介致しますね



注:ロジカルシンキングについての意味は、私個人の意見でありますので
  内容に偏りがあるかもしれません
  興味のある方はご自分で勉強してみて下さい


追記:
 問題の答えは「2回」です
 どうやって2回で特定するのかは、頭の体操のつもりで考えてみて下さいkao01





ランキングに参加してみました
これから応援してくれる方
ポチっとお願い致します








テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

グランビルの法則
自分の為に基本を学び直したいと思います


先ずは、「グランビルの法則」から(^^)


グランビルの法則とは、…
アメリカの有名な株式アナリストが考案したグランビルという人が株価の
チャート分析に移動平均線を使用して、株価と移動平均線との関係から
導いた法則です


基本的な考えとして
買い4つ」と「売り4つ」の計8つの法則から成り立っています

グランビルの法則


買いの法則
①移動平均線が下降を続けた後、横ばいもしくは上向きかけている状態で、
 ロウソク足が移動平均線を上回った時

②移動平均線が上昇している時に、ローソク足が移動平均線を下回り、
 再度上抜いた時(押し目買い)

③ロウソク足が上向きの移動平均線の上にあり、移動平均線を割り込む事無く
 再度上昇に転じた時(押し目買い)

④ローソク足が下降しつつある移動平均線から、大きくかけ離れて下落した場合
 (短期的自立反発)


売りの法則
①移動平均線が上昇を続けた後、横ばいもしくは下向きかけている状態で、
 ロウソク足が移動平均線を下回った時

②移動平均線が下降している時に、ローソク足が移動平均線を上回り、
 再度下抜いた時(戻り売り)

③ロウソク足が下向きの移動平均線の下にあり、移動平均線を割り込む事無く
 再度下降に転じた時(戻り売り)

④ローソク足が上昇しつつある移動平均線から、大きくかけ離れて上昇した場合
 (短期的自立反発)



実際のチャートを見ると随所にこの法則に当てはまる箇所があると思います

当然、これだけを意識してエントリーをして勝てるものではありませんが、

基本的な動きとして頭に入れておけば次の作戦を立てる目安になると思います




ランキングに参加してみました
これから応援してくれる方
ポチっとお願い致します











テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。